エリアで探す

オーストラリア各地の見どころをご紹介。
オーストラリアのどこに行こうかな? と迷ったら、まずはここからご覧ください。

オーストラリア地図

クィーンズランド州

ケアンズ

■ケアンズ

世界最大のサンゴ礁群、グレートバリアリーフと世界最古の熱帯雨林という2つの世界遺産の玄関口、ケアンズは世界中から観光客が集まる国際的リゾート地。グリーン島観光やキュランダ観光列車、クルーズ、熱気球ツアー、ナイトサファリツアー、アボリジナル文化パークなど多彩なアクティビティやスポットが充実しています。日本人観光客にも大変人気のため、日本語ガイド付きツアーも豊富です。

ゴールドコースト

■ゴールドコースト

海と緑に囲まれた街、ゴールドコーストは年間晴天率が高く気候に恵まれたリゾート。街の中心にある白砂と真っ青な海のサーファーズパラダイスビーチ。その周辺はレストランやカフェ、ショップなどが立ち並び、サーファーのみならず家族旅行や世界中からの観光客で賑わっています。ドリームワールドやシーワールド、ムービーワールド、カランビン自然動物公園などテーマパークなども充実しています。

ハミルトン島

■ハミルトン島

世界遺産グレートバリアリーフに浮かぶ74の島々からなる地域をウィットサンデー諸島といいます。ハミルトン島はその中のひとつで、熱帯雨林の木々、ターコイズブルーの海、白い砂浜など自然とリゾート施設の調和が美しいリゾートです。唯一、本土からジェット機でアクセスができ、いろいろなタイプの宿泊施設に各国のレストラン、雰囲気のよいブティックなどがあり滞在を飽きさせません。野生動物との触れ合いや40種類以上のアクティビティ-も楽しめます。

さらに詳しくはこちら→

ページトップへ

ニュー・サウス・ウェールズ州

シドニー

■シドニー

南半球最大の都市シドニーは、オーストラリアの経済や文化の中心となる大都市でありながら、近郊にはいくつものビーチが点在し、森や国立公園に囲まれている美しい町です。世界遺産のシドニー・オペラ・ハウスや宿泊施設のある動物園など見どころもいっぱい。また、オーストラリア全土からありとあらゆる食材が集まるので腕利きのシェフも集まりグルメ都市とも言えるでしょう。

スリーシスターズ

■その他ニュー・サウス・ウェールズ州

シドニーから日帰りツアーがあるワイン産地のハンターバレーや世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園は、時間が許せばぜひ泊まり掛けで訪れて欲しい場所です。特にブルーマウンテンズのハイライト『スリーシスターズ』は、夜にライトアップされ昼間に見る姿とは違う表情を見せてくれます。また、もうひとつの世界遺産ロードハウ島は、環境保護のため1日に400名の観光客しか滞在できないため神秘の島とも言われています。

ビクトリア州

メルボルン

■メルボルン

近代的なビルと歴史のある建物の調和が美しいメルボルンは、市内に450以上の庭園や公園が点在することから「ガーデン・シティ」と呼ばれています。また1年を通してイベントも多くF1グランプリや全豪オープン・テニスでも有名です。碁盤の目のように区画された表通りと迷路のように入り組んだ裏通りは1日中歩いても飽きることがありません。メルボルンはカフェ文化発祥の地だけあって多くのカフェを見かけます。思わず写真を撮りたくなるようなラテアートも魅力のひとつです。

ペンギン

■その他ビクトリア州

ビクトリア州は面積が最も小さい州のひとつですが、世界一美しい海岸線と言われているグレート・オーシャンロード、ペンギンパレードで有名なフィリップ島、ワイン産地のヤラ・バレー、オーストラリア最古の蒸気機関車パッフィンビリー鉄道など世界的に知られる観光ポイントがたくさんあります。日本でも有名なオーガニックコスメ『イソップ』もビクトリア州発祥のブランドです。

ページトップへ

タスマニア州

ホバート

■ホバート

澄み切った空気が魅力的なオーストラリアで一番小さな州都。ホバートは1804年に殖民がすすめられ、イギリスの流刑地として急速に発達しました。囚人や森林管理人、捕鯨船員、船乗り、酒場の給仕女や娼婦など当時の様子を感じられる施設が多く残り、最も歴史を感じさせてくれる町とも言えます。タスマン半島のポートアーサーから幽霊ツアーに参加するのもお勧めです。

ワイングラスベイ

■その他タスマニア州

南極海、バス海峡、タスマン海に囲まれたタスマニアは、豪快な海岸線、古代森林、氷で刻まれた高原など島のどこを訪れても大自然を体感できるでしょう。西部に位置し世界遺産に登録されているクレイドル・マウンテン-セントクレア湖国立公園でのトレッキング、東海岸にある目を見張る景観のワイングラス・ベイ、イルカやアザラシの観察ができるエコクルーズ、オーストラリア最古の橋もあります。

南オーストラリア州

アデレード

■アデレード

地中海性気候に恵まれたアデレードの町は、19世紀にユートピアを求めて移住してきた開拓者によって建設された町で、今もなお当時の面影を色濃く残しています。美しい町並みだけでなく、近郊には野生の宝庫と呼ばれるカンガルー島やワインで有名なバロッサ・バレーやマクラーレン・ベールがあります。日本でも有名な自然派化粧品ジュリークの農園があります。

クーバーペディ

■クーバーペディ

広大な砂漠地帯にあるクーバーペディは、オパールの生産地として世界的に有名な町です。赤い砂の荒野と奇怪な建物は、まるでSF映画に出てくる火星のような雰囲気で、実際に映画の撮影にも使われました。夏は気温が50℃以上になる日もあり、住人は丘陵に洞窟を掘って住居だけでなく、教会や商店、学校、ホテルなどを備えた地下都市を形成しました。地下都市も観光ポイントのひとつです。

ページトップへ

ノーザン・テリトリー

トップエンド

■トップエンド

トップエンドと呼ばれるオーストラリア北端には、熱帯ムード漂う現代的な街ダーウィン、大陸縦断鉄道ザ・ガン号が停車することで有名になったキャサリン、世界複合遺産に登録されているカカドゥ国立公園があります。雨季と乾季がはっきりしていて、同じ場所の風景でも訪れる時期によって全く別の表情となります。手つかずの大自然、何万年前からこの地に定住するアボリジニの文化、野鳥や野生動物の自然と共存する姿が魅力のエリアです。

レッドセンター

■レッドセンター

オーストラリアのほぼ中央部にある砂漠地帯をレッドセンターと呼びます。この地域の見どころは大陸縦断鉄道ザ・ガン号が停車するアリス・スプリングス、アボリジニの聖地で世界遺産に登録されているウルル・カタジュタ国立公園、風雨に浸食された大きな丸い石デビルズ・マーブルのあるバークリー台地となり、中でも世界七不思議のひとつである巨大な一枚岩ウルル(エアーズロック)は、人気の観光地となります。

ウルルについて詳しくはこちら→

ページトップへ

西オーストラリア州

パース

■パース

西オーストラリア州の州都パースは “世界で最も美しい街”と呼ばれるにふさわしく豊かな自然と都会的センスを持ち合わせた町です。オーストラリア最西端にあり年間の日照時間が長く、青い空はもちろんインド洋に沈む美しい夕陽は訪れる人々を魅了します。近郊にはワイン生産地のスワンバレーや19世紀の面影が残る港町フリーマントルがあります。

シェルビーチ

■西オーストラリア州その他

日本の7倍もある広大な西オーストラリア州には、自然保護のために一般車両の乗り入れが禁止されているロットネスト島、砂漠に無数に立ち並ぶ奇岩群のピナクルズ、3つの世界遺産シャーク湾、ニンガルーコースト、パヌルル国立公園、日本と深い関わりのあるブルームなど、見どころがいっぱいです。7月中旬から11月中旬には各所でワイルドフラワーを見ることが出来ます。特に大地を覆うエバーラスティングのフラワーカーペットは圧巻です。

オーストラリア首都特別地域

キャンベラ

■キャンベラ

オーストラリア首都特別地域はオーストラリアの首都キャンベラのために人工的に建設された特別地域です。ここでは国家的な歴史や文化などを体験する特別地域ならではのアトラクション、整備された都市空間、ファッショナブルなレストランやバーなどがあります。