季節で探す

どの季節で旅をお考えですか?
南半球に位置するオーストラリアでは、基本的に日本とは季節は逆。北部熱帯地域は、雨期と乾期にわかれます。ここでは季節ごとのトピックをご紹介します。

春のオーストラリア

春

動物や植物が生き生きと輝き活発に動き出す春は9月から11月。 首都キャンベラでは国内最大の花の祭典『フロリアード』、メルボルンでは競馬競争『メルボルン・カップ』が開催されます。また西オーストラリアでは、ワイルドフラワー前線がちょうどパース周辺で満開を迎えます。

夏のオーストラリア

夏のオーストラリア

オーストラリアの夏は12月から2月。太陽の下でめいっぱい遊ぶのがオージー流。マリンスポーツ、ゴルフ、ブッシュ・ウォークなどのアクティビティーが各地で楽しめます。クィーンズランド州では珊瑚の産卵や、ウミガメの生まれたばかりの赤ちゃんが海に帰る姿を見るツアーがあります。

秋のオーストラリア

秋のオーストラリア

秋は3月から5月です。ユーカリなどの常緑樹が多いオーストラリアですが、シドニー、タスマニアやメルボルン郊外などで紅葉が見られ、国内各地にあるワイナリーでは、黄金色に染まった葡萄畑の景色を眺めながら新鮮な秋の味覚と美味しいワインを楽しむイベントが催されます。

冬のオーストラリア

冬のオーストラリア

オーストラリアの冬は6月から8月まで。オーストラリア・アルプスではスキーが楽しめ、グレート・バリア・リーフでは、シュノーケリングやダイビングが楽しめます。日は短くなりますが、暑さが和らぐこの時期は、世界遺産ウルル-カタジュタ国立公園を訪れるのもお勧めです。

【雨季と乾季】

春のオーストラリア

北部に位置する熱帯オーストラリアは、5月から10月までが乾季、12月から3月までが雨季になります。
8月から9月にかけてカカドゥ国立公園やリッチフィールド国立公園は野鳥の宝庫となり世界中からバードウォッチャーが集まります。トップエンドにあるダーウィンは雷観測地として世界でも有名な町で、雨季に降る激しい雷雨は、まるでスリル満点の天体ショーです。