エリアで探す

ニュージーランドのどこをまわりますか?
ここでは、ニュージーランドの見どころをご紹介しましょう

map

北島南島

北島の観光ポイント

活発な活動を続ける火山が、数多くある北島は、間欠泉やクレーターなど独特の景観を生み出しています。国内には火山によってもたらされる温泉も点在。ゆったりと温泉に浸かって、旅の疲れを癒すのもいいですね。

オークランド

■オークランド

"City of Sails" (帆の街)という愛称で親しまれているオークランドは、世界最高峰のヨットレース、アメリカズ・カップの舞台としても有名です。ニュージーランド最大の都市でありながら、街は緑に囲まれ、海にはヨットが停泊し、大都会ということを忘れてしまうほど。観光、アウトドア、エコツアー、ショッピング、グルメ。。。何でもありのオークランドは、是非ゆっくりと滞在していただきたい街です。

オークランド

■ウェリントン

北島の最南端にある都市で、クック海峡に面した港町。1865年にオークランドから首都が移され、現在では政治、経済、文化の中心となっています。公園や花々が自慢のモダンでシックな街。南島のピクトンとフェリーで結ばれています。

ワイトモ

■ロトルア

北島観光には欠かせない観光地。一帯は現在も活発な活動を続ける大地熱帯の上にあり、天然の温泉や間欠泉で有名です。 日本の大分県別府市と姉妹都市を結んでおり、公共温泉の「ポリネシアン・スパ」、沸き上がる泥坊主で有名な「ヘルズ・ゲート」の泥温泉など、様々な温泉施設があります。また、色濃く残るマオリの伝統文化を体験したり、伝統料理「ハンギ」やマオリ・コンサートもお楽しみいただけます。

ワイトモ

■ワイトモ

ワイトモ洞窟に生息する発行性の虫、グロウワーム(ツチボタル)の観賞ツアーで有名なところ。ニュージーランドには他にもいくつか鍾乳洞の土ボタル観光ポイントがありますが、規模はここが最大と言われています。

ワイトモ

■タウポ

ニュージーランド最大のタウポ湖に面した街で、北島で最もアウトドア・スポーツの盛んなところ。バンジージャンプ、ラフティング、スカイダイビングなども人気です。またトラウト・フィッシングフィッシングのスポットとして世界的に有名です。フカ・フォールなどのきれいな滝も多いので景観も楽しめます。

ワイトモ

■トンガリロ国立公園

北島最高峰のルアペフ山、ナウルホエ山、トンガリロ山の3つの活火山を有するトンガリロ国立公園は、北島の中央部に位置するニュージーランド第一号の国立公園で、荒涼とした火山景観がお楽しみいただけます。ユネスコの自然と文化の複合遺産にも指定されています。

ワイトモ

■コロマンデル半島

オークランド近郊のリゾート地として人気のあるところ。19世紀後半に栄えた港町で、当時の繁栄を偲ばせる歴史的建造物が多く残されています。 太平洋に面する東側には美しい海岸線が延々と続きます。砂浜に巨石が鎮座する「カセドラル・コーブ」や砂浜を掘ると温泉が出てくる「ホット・ウォーター・ビーチ」は是非、訪れてみたいところ。

ワイトモ

■ノースランド地方

オークランドの北からニュージーランド最北端のケープ・レインガまで延びる温暖な亜熱帯地域。複雑な入り江と数多くの島々からなるニュージーランドでリゾート地、ベイ・オブ・アイランズでは様々なマリン・スポーツが楽しめます。また、ワイタンギ、ラッセル、ケリケリなど歴史的な場所が点在しています。巨木カウリの生育する太古の森や約60キロも砂浜のビーチが続く「90マイル・ビーチ」なども見逃せません。

ページトップへ

南島の観光ポイント

万年雪と氷河を抱く雄大なサザンアルプスの大パノラマと、ミルキーブルーの氷河湖。壮大なフィヨルド、と太古の姿そのままの森。南島はダイナミックな自然美をお楽しみいただけるエリアです。

ワイトモ

■クライストチャーチ

カンタベリー平野の中央に位置するクライストチャーチは、南島最大の都市。観光、ビジネスの中心地ですが、「ガーデン・シティ」と呼ばれるほど、公園や庭園が点在し、緑と花に囲まれたのどかな雰囲気の街です。街の中心部に建つ大聖堂(カセドラル)とエイボン川の舟遊び「パンティング」が有名。

ワイトモ

■ハンマー・スプリングス

クライストチャーチから車で1時間半ほど北にある温泉リゾート地。中心地にはサーマル・リザーブといわれる温泉施設があり、岩風呂やミネラルプール、スパなどがお楽しみいただけます。

ワイトモ

■アオラキ・マウント・クック国立公園

「サザン・アルプス」と呼ばれるこの地域は3,000m級の山々が連なる場所。中でもひときわ目をひく、堂々とした山がニュージーランド最高峰のマウント・クック(標高3754m)です。南半球最大級のタスマン氷河などを間近に見ることができます。 多くのハイキング・コースがあり、高山植物を楽しみながらのハイキングがお楽しみいただけます。

ワイトモ

■テカポ湖

テカポ湖に面した美しい景観に囲まれた町。湖畔に建つ石造りの「善き羊飼いの教会」とミルキーブルーの湖のコントラストがとても美しく、パンフレット類には必ず写真が使用されるほど有名です。お天気のいい日は、湖の向こうにマウント・クックの雄姿を眺めることができます。また空気が乾燥して、晴天率が高いため、星空が美しい町としても有名です。

ワイトモ

■ワナカ

ワナカ湖に面した落ちついたリゾート地。秋には湖畔のポプラ並木が黄金色に色付き、目を見張る美しさです。ウォータースポーツなどさまざまなアクティビティが盛んで、マウント・アスパイアリングへのトレイルもこの町が基点となっています。

ワイトモ

■クィーンズタウン

南島の観光の拠点ともいうべき町で、ミルフォード・サウンドやマウント・クックへの観光の中心となっています。澄み切った大気がさわやかな雰囲気をかもし出しています。 S字型のワカティプ湖に面しており、夏はウォータースポーツ、冬はスキー、秋は紅葉と四季を通してお楽しみいただけるところです。

ワイトモ

■ミルフォード・サウンド

フィヨルド国立公園のハイライトとも言えるのが、ミルフォード・サウンドのクルーズでしょう。長い年月をかけて氷河によって削られた、そそり立つようなフィヨルドは圧巻です。正三角形の山・マイターピークや落差160mの滝など、素晴らしいパノラマがお楽しみいただけます。 日帰り観光はクィーンズタウンかテ・アナウから毎日催行されています。 船上宿泊クルーズも人気です。

ワイトモ

■ダウトフル・サウンド

ミルフォード・サウンドの南に位置するフィヨルド。この地方に14あるフィヨルドの中では2番目の大きさで、ミルフォード・サウンドの10倍の大きさです。  かつてキャプテン・クックが船を進めるのをためらい『疑わしい(Doubtful)』入り江と名付けたほど、手つかずの自然が広がり、静寂感の漂う、まさに「秘境」です。 日帰り観光がクィーンズタウンより運行しています。こちらも船上宿泊クルーズあり。

ワイトモ

■テ・アナウ

フィヨルドランド国立公園にあるテ・アナウ湖に面した静かなリゾート地。ここはミルフォード・トラック、ルートバーン・トラック、ケプラー・トラックなどトレッキングルートの基点となっています。地名である「テ・アナウ」はマオリ人の言葉で「水がしたたる洞窟」という意味。その名のとおりここには鍾乳洞がたくさんあり、ツチボタルの見学ツアーができる場所としても有名です。

ワイトモ

■フランツ・ジョセフ氷河 / フォックス氷河

ウエストランド国立公園にある双子の氷河。サザンアルプスの山頂から、うっそうと茂るレインフォレスト(温帯雨林)の緑の森をつきぬけて山のふもとまで流れ出る、世界でも珍しいタイプの氷河です。 それぞれの氷河を空から眺める遊覧飛行や、氷河の上を歩く氷河ハイキングも人気があります。

ワイトモ

■グレイマウス

西海岸で最大の町。グリーンストーン(翡翠)の産地としても有名で、昔から交通の要所として栄えました。現在もウエストランド国立公園のフォックス氷河とフランツ・ジョセフ氷河への中継地点として、またクライストチャーチまで結ぶ列車、トランツ・アルパイン号の基点となっています。

ワイトモ

■ダニーデン

南島第2の都市。スコットランド人が入植したため、町にも19世紀の雰囲気のある重厚な石作りの建物が多く、スコットランドの名残をみせています。ここでは毎年3月にはスコテイッシュ・ウィークというイベントがあり伝統音楽のコンサートやバグパイプの演奏などが催されます。オタゴ半島でのアホウドリ、ペンギンなどの野生動物観察ツアーも人気があります。